Sign / Art

窓ガラスをデジタルサイネージに。

2013年03月09日 Saturday

E-ne!でもお伝えしましたが、デジタルサイネージの需要は数多くあります。

その中でも、要望は多岐にわたります。

ラビット上平塚様では、お店の前を通る道路は交通量が多く、夜間、ガラス壁面に広告を設置できないか…とのこと。

 

ABSSではこの場合、プロジェクターを利用して、壁面に投影できるよう提案しました。

外からみると、このようになります。

ガラス面に、プロジェクターの映像を投影できる、特殊なフィルムを施工しています。

昼間は外からの光もある程度透過しますので、「窓」としての役割も保持。

夜は映像を照射し、広告面として機能します。

これで、前を通行するお客様の注目を集めることが出来ます。

ただ、信号待ちをしているドライバーにとっては、青になるのを見逃すというデメリットもありますが(笑)

コメントする