E-ne!

神秘なる響き。Didjeridoo

2013年02月09日 Saturday

Didjeridoo。

カタカナで表記するなら「ディジェリドゥ」とでも書くのだろうか。

 

このディジェリドゥ。

もとはオーストラリアの先住民であるアボリジニの金管楽器で、本来は木製。

いまでは様々な素材で販売されているそうです。

 

パッと見は普通の筒。

いや、普通の筒でしかない。

けれど、この筒には深いルーツがあるのです…。

 

アボリジニは、1000年以上も前にディジェリドゥを作ったとされ、「世界最古の管楽器」の一つではないかと言われています。

何もない平原の中で生み出された、根源的な楽器であるが故に、音も平坦ではあります。

翻って、その平坦さの中に、アボリジニの精神である「動植物との一体」が含まれているのかもしれません。

 

ということで。

実際にディジェリドゥが演奏されているところを観てみましょう。

 

なかなか神秘的な音ですよね。

さて、私たちはこの単純な機構にして、深い音色をもったディジェリドゥを作ろうと思い立ちました。

 

用意するもの

  • 塩ビパイプ

 

これだけです。

実物は、シロアリが食って空洞になったユーカリの木を用いていたのですから、シンプルです。

 

それでは、ABSSのオリジナルディジェリドゥを、実際に吹いてみます。

どうでしょうか。

本場のそれとは、大差ない音が出ていませんか?

 

今回ABSSでは、このディジェリドゥを20本製作いたしました。

詳細はの画像を参照ください。

すでに14本、知り合いなどにお譲りし、残り6本となっています。

この6本を、1,980円/本(税別)の大特価でお求めいただけます!

お急ぎください!!

 

なお、オリジナルディジェリドゥーも制作可能です!

 

お問い合わせは、メルマガ専用アドレス↓

info@abss.moo.jp

よりお願いします。

 

ABSSでは将来、100本のディジェリドゥを様々な人にお渡しし、いつか、100人で大合奏するという遠大な計画を企てています。

遠く、オースラリアの砂漠に思いを馳せながら、演奏してみてはどうでしょうか。

 

コメントする