Every day

「寒き世」は「あたたかき世」に

2011年03月31日 Thursday

こんなことを書くと恥ずかしい。
けれど、恥ずかしいくても書きたいものは、書きたい。

今朝のテレビ。
家を失い、無事ではあるものの未だ家族と会っていない自衛官。
「国民のために」との言葉が力強く、
テレビを観ながら、つい涙を流してしまいました。
ちらっと新聞を読めば、また感動。
地震の起きたその日、避難所で産まれた赤ちゃんがいたそう。

◆男の子という以外、君のことは何も知らない。それでも、ふと思うときがある。僕たちは誕生日を同じくするきょうだいかも知れないと
◆日本人の一人ひとりがあの地震を境に、いままでよりも他人の痛みに少し敏感で、少し涙もろくなった新しい人生を歩み出そうとしている。原発では深刻な危機がつづき、復興の光明はまだ見えないけれど、「寒き世」は「あたたかき世」になる。する。どちらが早く足を踏ん張って立ち上がるか、競争だろう
参照:読売新聞・2011年3月31日編集後記

出掛けに新聞をちぎり、新たな決意として財布に入れておきます。
寒き世をあたたかき世に、する…と。

明日から4月です。
小さなことから大きなことまで、ひとつひとつ頑張ります!
みんなで「あたたかき世」にしていこう!!
(の)

コメントする